日誌

ありがとうクッキングをしたよ。

3月9日にありがとうクッキングをしました。
きりん組さんにたくさんあそんでくれてありがとうの気持ちを込めてぱんだ組、うさぎ組でホットドックを作りました。
うさぎ組はスクランブルエッグ!卵を割ることにも挑戦しましたよ。
ぱんだ組はポテトサラダ!野菜の皮を剥いたり、湯がいてつぶしたりしましたよ。たくさんの作業もたのしみながら最後まで頑張りました。
給食はきりん、ぱんだ、うさぎでいっしょに園庭で食べました。「おいしい」「いっぱいいれたよー」等、楽しい会話がいっぱいでした。
きりん組は午後のおやつに全クラスにありがとうの気持ちを込めてクレープを作ってくれましたよ。みんなで包んで美味しくいただきました。

ひなまつり会をしたよ🌸

3月3日(水)、ひなまつり会をしました。
前日から雛壇をホールに飾っていたのですか、「かわいい~」「きれいだね」と見とれている子どもたちでしたよ(^^)

素敵な雛壇を前に、ひなまつり会がスタートしました!ひなまつりの由来を聞いた後、七段飾りのクイズを出すと、「おんなのひと!」「五人官女!」と様々な回答がありました。その中でもきりん組さんが三段目の「五人囃子」を見事当てており、さすがきりんさんだね~という声が聞こえましたよ(^_-)-☆
各クラスの作品紹介では、どうやって作ったのか子どもたちが発表してくれました!

かわいい雛人形が次々と出てきましたよ♪



お楽しみでは、「すてきな着物でひなまつり」というシアターを喜んで見ていました(^^)

献立は、ちらし寿司・鶏の照り焼き・あすっこのお浸し・すまし汁でした。花型のにんじんにハート型のお麩、華やかな給食に子どもたちも嬉しそうに食べていましたよ~!!おやつのひな祭り蒸しパンは、ひし餅と同じピンク、白、緑の三色になっていてかわいく美味しかったです♡

三瓶青少年交流の家に行ったよ!

2月15日(月)にきりん組、16日(火)にぱんだ組が三瓶青少年交流の家にあそびに行きました!
バスに乗って気分はルンルン♪
バスの中では「楽しみすぎて夜眠れなかったんだ~!」とこっそり教えてくれた子もいました(^o^)
雪あそびの予定でしたが、あいにく両日とも雪が少なかったり、天候に恵まれなかったりということがあったので室内で過ごすことに、、、
ですが、交流の家の周辺を探索したりボルダリングをしたりと、普段なかなかできることのない活動ができて大喜びな子どもたちでした♡
手足をしっかりと動かし、何度も挑戦をしていましたよ。
昼食はカレーライス、サラダ、フライドポテト、デザートと盛り沢山!
お腹もペコペコだったようで、おかわりもしてよく食べていました。
帰りのバスでは、お疲れのようでぐっすりな子どもたちzzz
各クラス楽しい思い出に残った一日となりました(*^-^*)

節分会~豆まきをしたよ~

2月2日は、みんながソワソワしながら待っていた!?節分会でした(^^)
ホールに集まり、豆まきの歌をうたって会が始まりました~☆
初めに保育士による劇を観ましたよ‼怒りんぼ鬼、泣き虫鬼、いじわる鬼のやりとりを大笑いで観ていた子どもたち♪福の神も登場し、どうして節分に豆まきをするのか、鬼の嫌いな柊の葉や鰯の頭の実物を見ながら楽しく聞くことができましたよ!

そして各クラスのお面の紹介をし、「鬼のパンツ」の曲に合わせてみんなで踊りをおどりました☆




続いて各クラスにきりん組さんの出前鬼が行きました。とっても控えめで優しい鬼さんでしたが、小さいお友達のなかには怖くて泣いてしまう子も。みんなで「おにはそと~!」と大きな声で言いながらそれぞれに豆まきを楽しみましたよ♪

最後に、今年は大和会さんの鬼が園庭に登場~‼大きな鬼の登場に大興奮の子どもたちでした(^^)

給食は”恵方巻”「しゃべったらいけんが~!」と言いながら豪快にかぶりついて食べていましたよ~(^o^)
おやつは”オニさんのケーキ”「かわいい~♡」「なんかたべるのかわいそうだね~」とお話しながら楽しんで食べていた子どもたちです☆

おたのしみ会がんばったよ‼

1月23日(土)にきりん組、ぱんだ組のおたのしみ会がありました。
今年は久手小学校の体育館で行いましたがとてもいい雰囲気の中ですることができました。
12月から毎日練習を頑張っていた子どもたち、当日は1番上手にできたのではないかと思うくらいに、素敵な発表をしていましたよ。

ぱんだ組・・・かさじぞうの劇あそびをしました。お地蔵様になりきってジーと立っているぱんだ組のみんながとてもかっこよかったです。

きりん組・・・寿限無の長い言葉を頑張って覚えていて、さすがきりん組です。こま回しもまわせるまで頑張り、技の披露もありました。思い出発表も1年間を振り返ってもうすぐ卒園かぁ~とジーンときました。
保護者の方が見守っている中で、緊張もあったとは思いますが、この経験が子どもたちの大きな自信に繫がり素敵な思い出の1日になったことと思います。